ご入居中のみなさま よくあるご質問FAQ

設備の取り扱い説明書

水道管・給湯器の凍結防止方法が知りたい

コロナ禍の影響で給湯器の生産に支障が出ており、交換等の対応には通常より時間がかかる場合があります。凍結による破損や故障の予防にご協力ください。


■水道管について

冬期、注意報が出るような特に寒い日は、夜寝る前に末端の水道を開け少しずつ水を出し、凍結を防止してください。
   
凍結してしまった場合は自然解凍をお待ちいただくこととなります。

寒冷地では日中でも凍結することがありますのでご注意ください。


■給湯器について

(1)お風呂場の浴槽に追い焚き機能がついている場合、浴槽のお湯は全部抜かず、浴槽の循環口より5cm上までお湯を残しておいてください。
給湯器により追い焚き配管の凍結を防止する(残り湯を循環させる)機能があります。


(2)冬季は配管凍結防止のため、不在時や退去時にもブレーカーを落とさないでください。ブレーカーを落とすと給湯器の凍結防止機能が停止し、配管が凍結・破損する恐れがございます。

※給湯器の取り扱い説明書はこちら

※詳細は各社のホームページ等でご確認ください。(外部サイト)

パロマ リンナイ 東京ガス


■元栓・水抜きについて

気温が氷点下となる地域では、屋外の水道メーターボックス内にあるご自身の部屋番号の水道の元栓を閉めてから、室内の全ての水道蛇口(給湯器を含む)を開口し、水を全部抜いてください。

水道メーターボックスの多くは、建物周囲(屋外)の地面にある青い蓋の中にございます。ご自身の部屋のメーターであること確認して作業してください。メーターに部屋番号の記載が見当たらない・不明な場合には管理会社までご連絡ください


水抜き装置が設置されている場合は手順に従いご利用ください。

※お客さまが必要な凍結防止の措置を行わずに給排水管・設備が凍結により破損した際は、修理費用が発生する場合があります。冬期は凍結防止に十分注意を払っていただくようお願いします。 

この回答は役に立ちましたか?

ご回答いただきありがとうございます。今後の参考とさせていただきますので、ご満足いただけなかった点をお聞かせください。


このフォームで入力いただいた内容にはお返事を差し上げられません。

個別のお問い合わせは<こちら>からお願いいたします。