ご入居中のみなさま よくあるご質問FAQ

注目のよくあるご質問

水抜き装置の操作方法を教えて欲しい

水抜き装置が設置されている建物では、水抜き作業を行うことで凍結を防止できます。

水抜き装置がない建物での凍結防止法はこちら
水抜き方法には、自動と手動の2つの方法があります。

■水道管の水抜きの方法
1.水道の元栓を閉める。

1)自動動水抜き装置がある場合(自動の場合)
  キッチン周辺の壁に、自動水抜き装置の操作盤があります(図)
  操作盤の電源をONにする。ボタンを押し、ランプが点滅から点灯に代われば作業完了。

【自動水抜き装置】


2)自動水抜き装置がない場合(手動の場合)
  手動水抜き栓を回し閉める。
  水抜き栓は、主にトイレや洗面所に設置されております。(写真1)

【(写真1)手動水抜き栓設置例/トイレ床】



※自動水抜き装置が故障して動かない場合
  添付写真の上部を手動で回し水抜きを実施することができます。(写真2)
  自動水抜き装置の修理については、『お問い合わせフォーム』よりご依頼ください。

【(写真2)】


  
2.室内の蛇口をすべて開け、水を出し切る。
・ 元栓を閉め終えたら、室内の蛇口(台所・洗面台・洗濯給水・お風呂場・トイレタンク等)を開け、水を出し切る。
・ 残り水が抜けきる(出なくなる)のを確認し、蛇口を閉める。
・ 洗濯給水については、洗濯機のホースを外して行ってください。ホースを外す際は、残り水が出てくる可能性がありますので、ご注意ください。
※給湯設備(給湯器、ボイラー、電気温水器等)や、トイレのウォシュレットの主電源は切らないでください。 




■水道を使用する場合
全ての蛇口が閉まっているのを確認したうえで、元栓を開ける。
※蛇口が空けたままだと、水漏れが発生します。

《  ポイント 》
①就寝前や、日中氷点下(真冬日)の場合は水抜きをおすすめします。
②氷点下が数日続く場合は、水を使用しない日中でも水抜き栓を閉め、残り水を出し切ってください。
③湯船の追い炊き凍結防止のために、湯船の追い炊き口(写真1)まで、水を溜めるようにお願いします。
※湯船と給湯器の間で循環機能が働き凍結防止になります。
④ブレーカーは落とさないようにしてください。落とすと給湯器の凍結防止機能が停止してます。

※水抜き作業しておらず凍結した場合、解氷作業にかかる費用はお客様にご負担いただきます。
ご不明なことがございましたらお問い合わせフォーム』よりお問い合わせください。

この回答で、疑問は解決しましたか?